個人年金保険 おすすめ

HOME
お気に入りに追加

個人年金保険のおすすめは住友生命も明治安田生命のじぶんの積立も

 個人年金保険のおすすめは、ずばり!住友生命のたのしみワンダフルです。
 その理由は下記の3つです。
・個人年金保険の戻り率や利率が高い
・生命保険料控除の対象となり、節税効果がある
・クレジットカードで保険料の支払いができる
 

 利率の高さについては、下記の一覧を見ていただければ分かる通りです。
 個人年金ランキング

 利率については、明治安田生命とそれほど変わりませんが、少しの差でも高い保険を選ぶことは当たり前。プラス、節税効果とカードが使える点が大事になってきます。

節税効果は年収600万円のサラリーマンで年間10800円

 まず、大事な節税効果です。個人年金保険の大事なところは、所得税、住民税の節税ができるところ。
 個人年金保険の利率はそれほど大きなものではありませんが、所得税、住民税の減税効果は高く、所得税で年間最大4万円、住民税が最大28000円分の所得控除が受けられます。

 月1万円の保険料を払えば、満額の所得控除がもらえるので、所得税率20%の場合(年収600万円のサラリーマンがこれくらいです)、年間8000円の節税、住民税は一律10%なので、2800円の節税で、合計10800円の節税になります。

 ざっくり利率計算すると、10800÷120000=9%、年間9%分、節税効果があるということ。住友生命のたのしみワンダフルはこの恩恵を受けられる保険です。


たのしみワンダフルの最大のメリットは、カード払いができること

 個人年金の節税効果については、他の個人年金保険でも手順を踏めば受けることができます。でも、住友生命のたのしみワンダフルのメリットはカード払いができるところ。
 つまり、カードでポイントを貯めることができるところです。

 クレジットカードのポイントは、かなりの競争となっており、有名どころでは、リクルートカードが100円1.2ポイント、楽天カードが100円1ポイントと高いポイント。共に年会費無料です。

 こういった高ポイントのカードを使うと、保険料にプラスアルファでポイント還元ができるわけです。

 こういった点から、個人年金のおすすめの保険は、住友生命のたのしみワンダフルです。
 利率以上に、節税効果とカードのポイントというプラスαがあります。


利率で選ぶなら明治安田生命のじぶんの積立も

 個人年金保険ではありませんが、明治安田生命のじぶんの積立も注目したい保険です。

 注目点は元本保証で利率が1%というところ。毎月5000円~の積立保険で、5年間の積立後、5年間据置して、返戻率をアップさせ、10年後に103%の返戻率で保険金を受け取れるというもの。利率換算にすると1%になり、さらに元本割れしない現時点ではかなりのメリット感のある保険です。

 発売当初は、若年層向けのはじめての保険との考え方で高利回りの商品を開発したようですが、売り出してみると、40代・50代の加入者が多かったというもの。老後の資産運用のひとつと考えるのに確かにぴったりの保険です。

→明治安田生命のじぶんの積立


老後資産のベースに保険を活用、堅実な資産構築方法とは?

 老後向けの投資商品にはいろいろありますが、高利回りを狙う前に確実に増やせる商品で資産のベースを作ることが大事です。

 リスクがある商品の比率を多くすると、最悪の結果になった場合、老後の資産を目減りさせることになります。元本割れしない個人年金、じぶんの積立、預貯金で安全運用。それ以外の余裕部分で、リスクはあるがリターンが高い、投資信託や外貨運用などをするのが正しい選択方法だと思われます。

 投資商品は、どんな商品であれ、絶対にうまいくわけではありません。元本割れしない商品でベースを作って、余裕資産でリターンを狙うことが、堅実な資産構築の方法だと思われます。


スポンサード リンク