個人年金 メリット

HOME
お気に入りに追加

個人年金のメリット

 老後資金をためるため、公的年金のほかに自分で貯蓄をするなかで、個人年金はかならず組み込んでもらいたい投資商品です。
 個人年金のメリットとしては、下記のものがあります。

最大のメリット!住民税・所得税の節税効果があること

 個人年金の最大のメリットと言えるのは、節税効果があることです。
 すべてのタイプの個人年金に適用できるわけではなく、このサイトでおすすめしている特定の確定年金タイプの保険のみが対象ですが、所得税・住民税で年間最大4万円の所得控除を受けることができます。

 年間4万円といっても、ともに4万円X税率分だけなのですが、毎月1万円の個人年金の契約をしたケースなどを考えると、安定な利率が保障されるものの中では、想定利率がかなり高くなります。
→個人年金の生命保険料控除を受けた場合のシュミレーション

 老後資金を貯める場合には、預貯金含めて、いろいろな商品を複合して運用するケースが多いと思いますが、安定度からも、組み入れておきたい商品だと思われます。

確実に年金資金を積み立てることができる

 保険という正確もありますが、積み立て期間中、容易に引き出すことができないので、より確実に年金資金を積み立てることができます。
 確定タイプの年金であれば、利率も決まっていますので、その時々の相場の変動に左右されることもありませんし、預貯金のように引き出して、他の用途につかってしまうということもありません。

保険金等の受け取り方法を自由に選ぶことが可能

 このサイトでは、確定年金を第一におすすめしてはいますが、個人年金の種類には、終身年金、変額年金などもあり、また、確定タイプの年金でも、受け取り開始年齢を60歳、65歳と選択可能だったりと、自由に保険の設計が可能です。


スポンサード リンク