老後 つなぎ資金

HOME
お気に入りに追加

公的資金受給のつなぎとして考えるなら60歳支給のもの

 個人年金保険を老後の公的年金(国民年金・厚生年金)の受給開始までのつなぎ資金として考えるのであれば、60歳支払い開始のタイプのものを考えたいところです。

 現在の年金制度であれば、老齢年金の受給開始年齢は65歳となっていますので、おおむね60~65歳までのつなぎ資金を考えることになるかと思われます。

 この間、働くのか、働かないのか、貯金がどれくらいあるのかなど、さまざまなケースが考えられますが、住友生命の個人年金保険のプラン(35歳男性)を例にとると、月1万5千円のプランで年間1,000,0100円、月3万円で2,001,600円、月5万円で3,351,000円となります。

 下記にプラン例を表にしましたが、安心した生活を送るのであれば、月5万円の積立で、毎月27万円あたりの受給を考えたいところ。働くことを想定するのであれば、毎月3万円程度で、月16万円あたりの受給でしょうか?

住友生命での保険料別の基本年金額の試算例

35歳から60歳まで保険料を支払う場合。男性。

保険料 基本年金額(年) 基本年金額(月額)
1万円 663,100円 55,258円
1万5千円 1,000,0100円 83,341円
3万円 2,001,600円 166,800円
5万円 3,351,000円 279,250円

60歳支払い開始で5年確定年金の返戻率のランキング

 保険料と基本年金額のイメージができたと思いますので、60歳より支払い開始の年金で5年確定年金(60~65歳支払い開始)のものをランキングにしました。
 ケースとして、契約年齢35歳の男性で、月払い保険料1万円の場合を算出しています。

 このケースにおいても、住友生命の個人年金の利率が良くなっています。

会社名 返戻率 基本年金額
住友生命
たのしみワンダフル
約110.5%
カード払いOK
663,130円
NKSJひまわり生命 約102.8% 617,280円

スポンサード リンク